パリエスターモウルディングとは

1972年の創業から鈴鹿のレースシーンを支え続けたFRPカウルメーカー。
二輪四輪のレース車両を中心に製造してきた技術とデジタルだけでなくアナログを駆使したハイブリッドな職人技は
オートメーションでは不可能なスピードとコストパフォーマンスを実現!

レース界にとどまらず様々なジャンルのオーダーを受けて来た当社から自信を持って「Made In Japan」をお届けします。

 
23.jpg

全日本で活躍するチームでも

全日本で活躍するチームでもパリエスターモウルディング製のオリジナルカウルを使用して頂いております。
シルエットが大きく変更が許されない”JSB1000”のレギュレーションの中で多くの小技とアイディアを駆使して空力面からのサポートをしています。
また、コンマ数秒を争うレースの世界では、ピットでのセッティング変更の時間も重要。作業性向上の為、カウルの分割数の変更をできるのもパリエスターモウルディング製のオリジナルの強みです。

※KYB MORIWAKI MOTUL RACING #23 清成 龍一選手 車両サポート(2018年)

製品開発 -Development-

マシンの状態やお客様の要望に合わせ込んで製品の開発から製作までの一連を得意とし、全日本ロードレース選手権 JSB1000のレギュレーションに対応したカウルなどの開発経験もあります。

また、オーダーメイドやテストピースの製作、カウルの取り付け用のステー、スクリーン製作も承ります。

 

リペア -REPAIR-

バイクのカウルや車のバンパーをはじめとし、船やプロペラなどさまざまなカーボンからFRP製品の修理を全国のお客様から頂いています。 (状況によりPP素材の修復も承ります。)

可能性がある限りトライしますのでバラバラになったカウルなども諦めること無く、一度ご相談下さい。

 
 

サポート -Support-

パリエスターモウルディングは、積極的にレース活動を行っているチームやライダーを少しでも応援したいと考えています。

カウルの御社販売、カウルのサポート契約をはじめ、FRPカウルの修理費用の相談、開発についてのご相談もお受けしております。

“手”から生み出される繊細なラインと質感は
数えきれないオーダーメイドの経験を重ねた職人ならでは…

表舞台にはほとんど出ない影のファクトリーですが
本物の技術と勘は様々な分野に起用されるなど
パリエスターの技術は
国内外を問わず世界中で活躍しています。


 
 

パリエスターモウルディング製品は、
ウェブショッピングからもお買い求めできます。

パリエスターモウルディングの製品はウェブショップで購入可能となっております。
また、開発やリペア、オリジナル製品については、お問い合わせください。